【profile】
フードコーディネーター
渡辺 ゆき Yuki Watanabe
料理はもちろん、スタイリングから執筆までこなす。現在カメラマンの夫小林キユウ氏と小学生の女の子の3人暮らし。
お料理のプロが暮らしの中で使うはちみつ活用術をご紹介します♪


突然ですが、今回は、ふっくら厚めに焼いた卵を食パンではさんだ京都風の卵サンドです。このサンドイッチの肝は、卵のふわふわ感。一見難しそうですが、焼かずにレンジで加熱することで実はとっても簡単に作れるんです! 冷めてもふっくら&しっとりの秘密は、「二代目の蜂蜜」。ほどよい甘さと、とびきりの食感がたまりませんよ。


材料は、これだけ!卵と食パンと「二代目の蜂蜜」。調味料は、マヨネーズとマスタードのほかに、しょうゆとお酒です!

【材料】1人分
【調理時間】ふわふわ卵サンド 約15分

●食パン(8枚切り)・・・2枚
●卵(室温に戻す)・・・3個
●「二代目の蜂蜜」・・・大さじ1
●マヨネーズ・・・大さじ1
●酒・・・大さじ3
●しょうゆ・・・小さじ1/2
●塩・・・少々
●マヨネーズ(食パンに塗る用)
●マスタード・・・各適量

では、早速作ってみましょう! 洗い物を少なくしたいので、ボウルは使わず、直接タッパー(底辺が10×10㎝くらいのもの)に卵を割り入れて溶きほぐしま~す。

続いて、「二代目の蜂蜜」をたらしてさらに混ぜ、混ぜ。あらかじめ卵を室温にもどしておくと、「二代目の蜂蜜」が卵となじみやすいですよ。
マヨネーズも加えて、さらに混ぜ混ぜ……。
しょうゆ、塩も加えてさらに混ぜたら、ふたをしてレンジでチン! さぁ、ふわふわ卵ができるかな?!

レンジ(600W)で2分30秒加熱したらそのまま10分ほどおき、余熱で火を通します。

タッパーの縦横の長さよりやや縮み、その分ふっくらしましたね。指の腹で触れると、卵のふっくら感が伝わってきます♥

マヨネーズとマスタードを塗った食パンに卵をはさみ、軽く手で押さえ、食べやすくカット。

さぁ、どうでしょう? 京都の喫茶店にも負けない、ふわふわ卵サンドのできあがりです!

レンジで蒸し焼きにするだけだから、コツもワザも一切ナシ。「二代目の蜂蜜」入りで、品のいい甘みとしっとりさを生かしたサンドイッチ、ぜひ作ってみてくださいね~!


卵つながりで、おまけのスイーツです。卵と「二代目の蜂蜜」だけで作った、シンプルアイス。メレンゲの軽い口あたり、「二代目の蜂蜜」のまろやかな甘さがたまりません~!こちらも、ぜひお試しを!


☆おまけのスイーツレシピ☆
二代目の蜂蜜アイス

【材料】(作りやすい分量)
【調理時間】約10分(冷やし固める時間は含みません)

●卵(新鮮なもの)・・・3個
●「二代目の蜂蜜」・・・大さじ4


【作り方】
1.卵を卵白と卵黄に分け、それぞれボウルに入れる。卵黄に「二代目の蜂蜜」大さじ2を入れ、泡立て器でもったりするまで混ぜる。

2.卵白に「二代目の蜂蜜」大さじ2を2回に分けて入れ、そのつど、ハンドミキサーで混ぜる。ツノがピンと立ったメレンゲを作る。

3.メレンゲを2~3回に分けて1に加え、泡を消さないようにさっくり混ぜる。 保存容器に入れて、途中で2~3回かき混ぜながら冷凍庫で冷やし固める。

※卵は新鮮なものを使い、早めに食べきってくださいね。好みでバニラエッセンスやココアを加えてもおいしいです♪