【profile】
栄養士/ベジフルビューティーアドバイザー
山下 枝利子 Eriko Yamashita
保育園栄養士、大手食品メーカー、東京のカフェ勤務などを経て、現在は食×美を軸に栄養士として活動。五感が喜ぶこと、インテリアや食卓まわりのコーディネートなど暮らしにまつわることが好き。


新緑がキレイな清々しい季節になりましたね。
ひと雨ごとに新緑が深くなっていっている気がします。
ここ数年キャンプやBBQなどの人気がすごいけれど、もっと気軽に行けるのがピクニック。

お弁当と敷物を持って、近くの公園でも海でもどこでも、外ごはんという非日常が楽しめる。
青空の下で、そよ風を感じながらのご飯ってなんでこんなにも美味しいのだろう。

この日は、バケットでつくるサンドイッチ、春野菜のチーズ焼き、甘夏みかんを二代目の蜂蜜でマリネしたものを持っていきました。
飲み物はアイスコーヒーを買って。

はちみつレモンならぬ、はちみつ甘夏みかん。皮をむいた甘夏にはちみつをかけて和えるだけ。

はちみつの優しい甘さと甘夏みかんの酸味が調和し、持っていくまでの時間にはちみつが柑橘によく浸み込んで、とても美味しくなりました。香りも見た目もさわやか。
冷やして食べたら暑い季節のおやつにもぴったりですね。

本を持っていったり、ごろんと寝転がって空を見上げたり、自然の中に身を置いて、心も体もリフレッシュ。
情報過多な現代、多忙な方にこそおすすめしたい過ごし方です。

昨年は、友人たちと朝8時に中間地点の公園に集合し、朝ごはんピクニックをしたこともありました。
みんなで朝から外で食べるご飯の美味しさってばもう。格別でした。
「今日は和食ね」とテーマを決め、おにぎりを作り、味噌玉とお椀、水筒にお湯を注いで持っていき、その場であつあつのお味噌汁を作ったこともありました。

ピクニックの楽しみ方も十人十色、自由自在。
今度はスコーンを焼いて、はちみつとクリームを持っていこうかな。


⇒ この人の記事をもっと見る

【最新のコラムは、メールマガジンでお知らせしています】
メールマガジン(毎週木曜)の登録はコチラ!