以前作った厚切りはちみつバタートーストを超えたんじゃないかという食べ方を見つけてしまいました。正直、甲乙つけがたい「はちみつバタートースト」レシピのツートップであることは間違いないと思われます。

案外気づかない、はちみつバタートーストのもうひとつの作り方。材料もいたってシンプルで、フレンチトーストみたいに卵とか使いませんし、はちみつバターと食パンだけでできちゃいます。

パンの厚さにもよりますが、今回はじゅわっとしみしみバターパンを求めて、薄切りの8枚切りの食パンを用意。
大さじ1.5~2杯程度のタップリとしたはちみつバターをフライパンに落として、熱で溶けてきたら、あとは焦がさず、食パンをひっくり返しながら、バターを染みこませていく要領で焼くだけです。

たったこれだけなんですが、なんかバターラスクを食べているような、バターとパンが一体になった感じが、普通の味わいと違う気がしています。噛めば噛むほど口いっぱいに広がる甘みとコクがたまりません。そして、冷めても驚くほど美味しい。

一時期、雨続きで、そのまま秋が来てしまうのではないかと思っていましたが、昨日から2学期が始まった子ども達が、まっかな顔をして帰ってきているところをみると、まだまだ暑さは続く気がしています。

でも、食欲の秋はすぐそこ。定番メニューが増えたことが何よりうれしいのです。


【profile】
ぬくもりWebディレクター
清 真一朗 Shinichiro Sei
静岡市から電車で片道2時間半かけて毎日三ヶ日に通う自称旅人。甘いものとお酒が大好きな二児の父。毎日の運動量を超えるアルコール摂取で、ぽっちゃり体型を隠し切れないのが唯一の悩み。

⇒ この人の記事をもっと見る

【関連記事】
・美味しすぎて幸せ!厚切りはちみつバタートースト。

【最新のコラムは、メールマガジンでお知らせしています】
メールマガジン(毎週木曜)の登録はコチラ!