小学校の終業式も終わり、子ども達が春休みに入りました。新学年に向けて、筆箱を新調したり、足りない絵の具の色を買い足したりと、予定していた春休みの予定を、楽しみながら着々とこなしていく日々が続いています。

毎日新鮮な春休み生活の中で、いつも変わらないもの。寝て起きて、ご飯を3食とるのは当然のルーティーンですが、はちみつを摂ることも我が家では日常です。

最近ハマっているのが、はちみつとチーズとの組み合わせ。もっぱら朝食は、はちみつチーズトーストを食べています。
作り方なんてものはなくて、お気に入りのパンの上に、とろけるチーズをパラパラとかけてトーストするだけの、いたって普通の調理です。あとは、はちみつをお好みでたらして食べます。

普通の食パンよりも、フランスパンにチーズをのせて食べることがマイブーム。通常ハード系のパンをトーストするとカリカリで食べづらさを感じることもあるかもしれませんが、チーズやはちみつをたっぷりのせることで、程よくしっとりやわらかくなって、パンをかみしめるたびにあふれだすチーズのコクとはちみつのやさしい甘みがたまりません。

スーパーに行って目新しいチーズがあれば、それをセレクトしたり、黒コショウを振ったり、トマトケチャップをかけたりするくらいの変化はありますが、毎日食べても飽きが来ないのが不思議です。

最近のはちみつチーズトーストのお供は、目玉焼き。こちらも言わずと知れた朝食の王道です。半熟の黄味を割って、それに醤油とはちみつをほんの少したらしたり。そのほか、カフェオレにもはちみつを足したり。
そんな感じではちみつボトルをテーブルにおいて、ちょい足ししながら食事を楽しむのが日課です。


【profile】
ぬくもりWebディレクター
清 真一朗 Shinichiro Sei
静岡市から電車で片道2時間半かけて毎日三ヶ日に通う自称旅人。甘いものとお酒が大好きな二児の父。毎日の運動量を超えるアルコール摂取で、ぽっちゃり体型を隠し切れないのが唯一の悩み。

⇒ この人の記事をもっと見る

【関連記事】
・美味しすぎて幸せ!厚切りはちみつバタートースト。

【最新のコラムは、メールマガジンでお知らせしています】
メールマガジン(毎週木曜)の登録はコチラ!