「産まれるギリギリまで、少しでもみんなのお役に立ちたい。」そう話してくれたのは、現在3人目を妊娠中のぬくもり工房、久米加奈さん。

久米さんは、大きなお腹を抱えて小学生2人の女の子を育てながら働いています。長坂養蜂場で働く妊娠中のママは、どんなはちみつのある暮らしをしているのか尋ねてみました。

西脇:
「だいぶお腹大きくなりましたね。体重管理とかたいへんですよね。」

久米さん:
「ほんとそう。食事について、この前検査で注意されちゃって。」

西脇:
「そうなんですか?食事や飲み物を気をつけていかないといけないですもんね。
ちなみに、妊娠してから新たに取り入れたことは何かありますか?」

久米さん:
「女王のしずく。」

西脇:
「おっ、いいですね!きっかけは何でしたか?」

久米さん:
「一緒に働く先輩ママさんから、つわりで苦しい時に女王のしずくおすすめだよ、と教えてもらったことかな。ノンカフェインだし、妊婦さんにぴったりだよね。」

私も経験ありますが、妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを想い、薬をあまり飲みたくはありません。そして食事や飲み物など、口にするものすべてに気をつけたい。特につわりでツラく、ご飯を食べられない時期は、飲み物だけでも身体によいものを摂りたいものです。

西脇:
「私も妊娠中や授乳中の期間は、薬を飲むのにやっぱり抵抗があって、何度も助けられましたね。

妊娠中でつわりがツラいときや、妊娠後期でお腹も大きくなかなか寝れないときとか。

とくに産後は、寝不足が続いて体力の限界が来たときにもよく。
小さい赤ちゃんを連れて病院にも気軽にいけないし。でも、どうにかして母である私が元気にならないと、と思った時はすぐに女王のしずくを飲んで寝られる時に寝る。すると身体が楽になるんです。個人差はあると思いますが、私にはとても心強かったですね。」

久米さん:
「じゃあ、授乳中もお世話になろうかな。」

私の体験談を話すと、久米さんは笑顔で応えてくれました。

久米さん:
「じつは私、最初勘違いしていたんだけど…。
一歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えてはいけないっていうことは知ってたから、てっきり妊婦さんもよくないんだと思ってた。
今回の私の経験を、世の中の妊婦さんに少しでもお役に立てられるようにしていきたいな。」

最後は笑顔で意気込みまで語ってくれた久米さん。産休後の復帰も楽しみです。

まもなく、新しい命が誕生します。ぶんぶんファミリーにあらたな仲間。
大きなお腹を抱えながら、いつもと変わらない笑顔でお仕事をしてくれた久米さん、ありがとう。

ぶんぶんファミリ~一同安産を祈願しております。


【profile】
ぬくもりコネクター
西脇千智 Chisato Nishiwaki
娘に溺愛の新米ママとして、日々仕事と育児の両立に奮闘中!「時短」「簡単」「安い」の言葉と娘の笑顔にめっぽう弱い。旦那さんと娘と一緒にはちみつのある健やかな暮らしをゆる~く楽しんでいます。

この人の記事をもっと見る