長坂養蜂場

麦茶ミルクや麦茶ティー、麦茶オレなどというドリンクを初めて知りました。
ワタクシの奥さんが保育園に勤務していることもあり、時々それを忠実にマネて、食卓に並ぶ保育園の給食。我が家では、子どもだけでなく、大人にも好評です。

その保育園では食育の一環として、給食はすべて園内で手づくり、できたて。調理の方もいろいろ研究熱心で、素材やつくり方にもこだわっているので、園児だけでなく職員もいつも大喜びなのだそう。食の安心って、生活の安心そのものだなと思います。

それで今回、保育園で園児たちに大好評だった麦茶ミルクを休日につくってみることに。我が家ではあまり砂糖を使わない生活になったので、砂糖代わりにはちみつを使用します。

①水500mlが入った鍋に、麦茶のティーバッグを1つ入れて、10分間煮だします。
②お気に入りのマグカップに煮だした麦茶と(大さじ1~2お好みで)はちみつを入れてまぜます。
③最後に牛乳を入れてまぜたら完成です。(麦茶と牛乳は、1:1の割合です)

濃いめに作った麦茶とミルクがあいまって、カフェオレやミルクティーを思わせる香ばしさやコクを感じるドリンクになるから驚きです。正直言うと、飲む前はちょっと躊躇したのですが、飲んでびっくり。好みによりますが、はちみつは思い切ってタップリ入れて甘くして飲むと、これがなかなかいけます。

妊婦さんの中にはカフェインレスのコーヒーや紅茶を買って飲む方も少なくないと思います。かつてワタクシの奥さんもそうでした。
また、子どもも同様で、ノンカフェインの麦茶ならばということで、今回は子ども二人が好きなだけゴクゴク飲んでいました。

はちみつ入りなので1歳未満の赤ちゃんにはNGですが、我が家の大きくなった子どもにはぴったりで、これから子ども用のドリンクとしても大活躍しそうな気がします。


【profile】
ぬくもりWebディレクター
清 真一朗 Shinichiro Sei
静岡市から電車で片道2時間半かけて毎日三ヶ日に通う自称旅人。甘いものとお酒が大好きな二児の父。毎日の運動量を超えるアルコール摂取で、ぽっちゃり体型を隠し切れないのが唯一の悩み。

この人の記事をもっと見る

INSTAGRAM