ぬくもり工房スタッフ
弘中 美紀 Miki Hironaka

長坂養蜂場で働くことをきっかけに知った「はちみつ」の魅力。
そこからスタートした私たち家族の「はちみつのある暮らし」

私は商品の発送や梱包を担う「ぬくもり工房」で働く2児の母、弘中美紀です。今から8年ほど前から長坂養蜂場で働くようになったのをきっかけに「はちみつのある暮らし」がスタートしました。


「手作り」と「体へのやさしさ」を叶えてくれる、はちみつのある暮らし

私の暮らしのモットーは「なるべく手づり」そして「体へのやさしさ」。私の母も食べ物は基本的に何でも手作りでした。そのお陰で私も健康ですっ! そして私の家族にも健康で過ごしてもらうため食材もできるだけ体にやさしいものを選び、手作りのものを心がけていますっ! そんな私にとって「はちみつ」の存在は大きな味方★今では当たり前のように使っています。

我が家のお料理にはほとんどはちみつが砂糖代わりです。飲み物にもすべて「二代目の蜂蜜」を使っています。「二代目の蜂蜜」はお料理にやさしいい甘さでコクと深みを与えてくれるので、日常使いに手放せませんっ。



また我が家では薬もなるべく使わないようにこだわっていて、だからこそはちみつの❝自然の力❞は本当に心強い存在です。特に毎日の健康維持に「マヌカハニー」は大活躍!! 日常的に摂ることで家族の風邪予防にも貢献してくれています。それでも風邪をひてしまったときには「マヌカハニー」にさらに「女王のしずく」を飲んで回復ですっ(笑)



住まいの中での家族のお気に入りは奥浜名湖の風を肌で感じられるウッドデッキ。この日は薪ストーブを使い、デッキではちみつパーティー! 夫を中心に子ども達と一緒に木の匂いや炎が揺らぐ様子など、五感を感じる時間を大切にしています。



この日のメインは家族みんなが大好きダッチオーブンでのミートボールのトマト煮込み(レシピは一番最後に!)。仕上げはもちろん「二代目の蜂蜜」!


こうしての~んびり家族みんなでデッキに集い、流れる時間を楽しむのか私の休日の幸せタイムですっ♥



<はちみつ愛用歴8年目・弘中家のおススメはちみつレシピ>
『ミートボールのはちみつトマト煮込み』
【材料】(4人分)
◎A(ミートボール)
●豚ひき肉・・・350g
●玉ねぎ・・・1/2個
●塩胡椒・・・適量
●片栗粉・・・適量
●卵・・・1個
◎その他
●お好みの煮込み用野菜
●トマトホール缶・・・1缶
●水・・・400ml
●コンソメ粒・・・2個
●にんにく・・・ひとかけ
●オリーブオイル・・・適量
●ケチャップ・・・大さじ2
●お好み焼きソース・・・大さじ2
●「二代目の蜂蜜」・・・大さじ2

【作り方】
①鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切りを入れ香りを出す。
②野菜を炒め、水、塩コショウ、コンソメを入れて煮る。
③その間にAの材料をしっかり練り込みミートボールを作る。
④鍋が煮立ったらトマト缶とミートボールをくっつかないように鍋に入れ、ふたをして野菜と一緒に煮込む。
⑤火が通ったらケチャップ、お好み焼きソースを入れ、最後に「二代目の蜂蜜」を入れて出来上がり!

【POINT】
●「二代目の蜂蜜」は火を止めてから入れると風味も損なわれず美味しさアップ!
●煮込む野菜も食べやすいので、ぜひいろんな野菜を入れて!野菜の苦手な子どもたちもこれなら美味しく野菜を食べてもらえます♪