先日奥さんから手紙をもらいました。突然の手紙とは何ごとかと思いましたが、娘からの運動会への招待状。今回の運動会は新型コロナ対策を講じての開催で、保護者はひとりしか応援に行けないということでワタクシの出番です。小学校の授業の一環とはいえ、娘からあらためてもらう手紙はうれしいものですね。

台風の影響で一日延期となり、日曜は快晴。秋はまだ先かとも思える久しぶりの炎天下での開催となりました。さすが、コロナ禍だけあって、全員マスク着用、入り口で手をアルコール消毒をして入場。児童応援席の椅子の間隔も、ソーシャルディスタンスでなるべく離して万全の体制の中、それでも今できることをやろうという運営者の想いが感じられるプログラムでした。

そんな中、娘は自分の出番を前にして、昨年と同様に終始緊張している様子。準備体操もカチコチ、カメラを向けてもいつもの笑顔がありません。
結果はというと、徒競走は練習で発揮した順位には及びませんでしたが、娘が一番の楽しみと言っていた、みんなでバトンをつなぐクラス対抗リレーでは堂々の一位。娘と同じ青いハチマキをしたクラスメイトが一番でゴールテープを切った瞬間から、笑顔をふりまく、いつもの娘に戻っていました。

さほど何もしていなくても炎天下でバテ気味のワタクシでしたが、ボトルに入れたはちみつ柚ドリンクでエネルギーチャージ、何とか持ちこたえることができました。
家で待つ家族に披露するためにビデオカメラに我が子をおさめるという最重要ミッションをなんとか果たすことができ、ワタクシもひと安心。

帰宅後、娘には頑張ったご褒美に、いつもよりタップリ入れたはちみつ柚スカッシュとアイスクリーム。ワタクシが撮影した映像を見ながら、運動会でクラスメイトのみんなと一等賞になったお土産話を弟や奥さんに熱弁する娘。主役を囲んで、終始あったかい日曜の午後を過ごしました。

娘は小学3年生。6年生にとっては今回が運動会ラストラン。プログラムの最後を飾る上級生の勇姿を、娘と重ね合わせて見ていました。


【profile】
ぬくもりWebディレクター
清 真一朗 Shinichiro Sei
静岡市から電車で片道2時間半かけて毎日三ヶ日に通う自称旅人。甘いものとお酒が大好きな二児の父。毎日の運動量を超えるアルコール摂取で、ぽっちゃり体型を隠し切れないのが唯一の悩み。