鹿児島の甘めの醤油が好きで、お義母さんが取り寄せるついでに、時々まとめ買いしてもらいます。見た目が真っ黒になってしまうので、我が家では煮物にはあまり使いませんが、冷奴にも、お刺身にももってこい。ダシ醤油のようなコクや甘さが食欲の秋にはもうたまりません。でも、このあたりのスーパーにはなかなか売ってないんですよね。

昔、卵かけご飯を“TKG”といって、ものすごく流行りましたね。流行りといっても、今は廃れてるとかそういうんじゃなくて、今もなお愛されるジャパニーズフードではないでしょうか。ワタクシもお酒を飲まない休日の昼間は、よく卵かけご飯を食べます。手軽で美味しいし、不思議とおかずも多くは欲しくなりません。

炊きたてのご飯さえあればなんとかなります。あとは決まって常備してある卵や醤油、そして二代目の蜂蜜。TKGに、はちみつとは驚かれますが、煮物やカレーのコク出しと同じ。醤油のしょっぱさとはちみつの甘さが相まって、まさにダシ醤油のようなコク旨な美味しさがあります。

はちみつの量はお好みと思いますが、ご飯お茶碗一杯分の溶き卵には、ボトルからチュっと一滴たらす程度です。一滴でもしっかりとコクを感じられるからおどろき。はちみつはこの場合、隠し味のような役目ですが、醤油だけの時よりも、ご飯の甘みを引き立ててくれる気がします。

しばらくは食欲の秋を家族みんなで楽しみたいと思います。
10月30日は、「たまごかけごはんの日」だそうです。


【profile】
ぬくもりWebディレクター
清 真一朗 Shinichiro Sei
静岡市から電車で片道2時間半かけて毎日三ヶ日に通う自称旅人。甘いものとお酒が大好きな二児の父。毎日の運動量を超えるアルコール摂取で、ぽっちゃり体型を隠し切れないのが唯一の悩み。