7/2(日)まで!!はちみつ塩飴全員にプレゼント WEB限定

トップページ > 会社概要・沿革

長坂養蜂場について
  • 社長の想い 経営理念
  • 会社概要 沿革
  • 会社の取り組み
  • ぶんぶんについて
  • ぶんぶんファミリーご紹介
  • 採用情報
会社概要
会社名 長坂養蜂場
創業日 1935年1月1日
従業員数 2014年10月1日現在29名
資本金 13,000千円
代表者・役員 取締役会長:長坂光男
代表取締役社長:長坂善人
専務取締役:長坂恭輔
取締役:長坂貴子
事業内容 ・はちみつの生産、販売
・はちみつ加工食品の販売
所在 〒431-1424
静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈97−1
連絡先 フリーダイヤル
0120-40-1183
053-524-1183(大代表)
053-524-1182
公式サイトURL http://www.1183.co.jp/
営業日 定休日:水曜日
(詳しくは、 営業カレンダーをご確認ください)
営業時間 午前9:00〜午後6:00
沿革
昭和10年

長坂養蜂場創業。初代長坂喜平が、浜名湖の湖畔にてミツバチの飼育を開始。当時体の弱かった自身が蜂蜜の栄養により回復したのをきっかけに、その他の人たちの健康も願い本格的に取り組み始める。

昭和10年画像
昭和27年

転地式養蜂を行い、巣箱と共に日本全国をまわる。当時は自動車輸送が困難な時代で、旧国鉄の貨物列車にて移動する。初夏の北海道へは青函連絡船で渡る。

昭和27年画像
昭和30年

採取してきたはちみつは、地元三ヶ日町の仲間で手分けして販売。当時は自転車・オートバイで峠を越え、浜松、豊橋エリアへ直接お届け。

昭和30年画像
昭和43年

天皇陛下ご一家が浜名湖に滞在された折、地元のお土産として長坂養蜂場の三ヶ日みかん蜂蜜を献上。

昭和43年画像
昭和54年

誰もが気軽にはちみつを購入できるようにと、三ヶ日町の商店街にあった自宅を改装して店舗をオープン。当時の品揃えは、純粋はちみつとローヤルゼリーのみ。

昭和54年画像
昭和55年

常に食卓にあるおいしいはちみつを目指し、ながさかのはちみつを二代目長坂光男が考案し発売。現在の長坂養蜂場のメイン商品の基礎となる。 二代目長坂光男が養蜂家人生をかけた、二代目のはちみつはこちら

昭和55年画像
昭和58年

外出先でも食べられるはちみつとして開発された、健康キャンディーはちみつ飴が登場。現在も人気商品として販売中。 30年以上の超ロングセラー商品 はちみつ飴はこちら

昭和58年画像
昭和60年

株式会社長坂養蜂場として法人化。二代目長坂光男が代表取締役に就任。

昭和60年画像
平成4年

マスコットキャラクター“ぶんぶん”誕生。長坂養蜂場の看板ミツバチとして、イベントやカタログ内で活躍中。 小さなお子様から大人まで大人気!! ぶんぶんの詳しい情報はこちら

平成4年画像
平成13年

お客様にとって居心地の良い空間・サービスの提供を求めて、浜名湖湖畔の新店舗へ移転。 ぬくもりあふれる! 店舗の詳しい情報はこちら

平成13年画像
平成17年

三代目長坂善人、長坂恭輔入社。はちみつ&マーガリン、ぶんぶんラスクなど、美味しさと笑顔につながるはちみつ食品を提案。 累計55万個以上の大ヒット商品!! はちみつマーガリンはこちら 家族みんながやみつきになっちゃう♪ はちみつぶんぶんラスクはこちら

平成17年画像
平成25年

創業78周年三代目長坂善人社長就任、長坂恭輔専務取締役就任
ぶんぶんファミリー全員で「ぬくもりある会社」を目指し、邁進していきます!

平成25年画像
2035年の”創業100周年”を目指して、これからもはちみつ、ミツバチ商品を通じて、お客様のご家庭に「ぬくもり」をお届けいたします。
  • 社長の想い 経営理念
  • 会社概要 沿革
  • 会社の取り組み
  • ぶんぶんについて
  • ぶんぶんファミリーご紹介
  • 採用情報